イタチの捕獲なら専門プロにしてもらおう!|捕まえた後は対策が重要

男女

薬剤を利用しない方法

住宅

イタチは早めに捕獲をしなければダニや糞などで環境が悪くなってしまいます。ペットを飼っている場合は被害が更に大きくなってしまうでしょう。捕獲方法はカゴや粘着剤をなどを利用して行ないます。

View Detail

役立つ業者

寝室

気になるイタチ捕獲の費用は、予算内に抑えることも可能です。予算を予め決めている場合は、スタッフに相談をすると良いでしょう。それに見合った捕獲方法を行ってくれるからです。業者は捕獲後の定期検査も行ってくれます。

View Detail

業者依頼がお手軽

イタチ

イタチは昔から日本人に嫌われる動物でした。屋根裏に侵入すると音を立ててうるさいですし、臭いもします。また、部屋の中にも侵入してきてキッチンも荒らしてしまうのです。そういった被害を防ぐためにもイタチは捕獲をしなければなりません。しかし、イタチの捕獲を勝手に行なうのは法律上禁止されています。捕獲をする際は市町村長から許可を得なくてはいけないのです。しかし、許可を得るまでが面倒ですし、怪我などをすると怖いでしょう。そのような方々は、専門業者に依頼をしてイタチ捕獲をしてもらうと良いです。プロの技と知識でスムーズに捕まえることが出来ます。

町にいるイタチはユーラシア大陸から上陸したチョウセンイタチが主流となっており、山にいるイタチはニホンイタチが主な種類となっております。胴長で短足ですが、3cmの隙間も楽々と抜けていくのです。壁もどんどん上っていくため、住居のあらゆる箇所から侵入してしまうでしょう。泳ぎも出来るため、川を渡って民家まで来ることもあります。
予め侵入しないように対策をすることも重要ですが箇所によっては難しいため、もしも侵入した時は捕獲をしなければなりません。

捕獲をしてもらった後は、イタチが来ないように対策をすると良いでしょう。イタチは強い光が苦手なため、アルミホイルや白色電球などを点滅させると効果的です。コンセントタイプにして夜間点灯するようにすることで、通常は光の届かない屋根裏や床下が明るくなりイタチは逃げ出していきます。

作業後が大切

女の人

捕獲後は清掃や消毒を行ってくれるのも専門業者の仕事です。イタチがいなくなった後は環境改善をすることが第一ですので、様々な方法で二度と侵入してこないようにしてもらいましょう。

View Detail