イタチの捕獲なら専門プロにしてもらおう!|捕まえた後は対策が重要

男性スタッフ

薬剤を利用しない方法

住宅

イタチは日本のみならず世界中にいます。おおよそ20種類で日本にはその中の数種類が生息していると考えられています。ネズミや両生類、爬虫類や甲殻類など基本的に様々な生き物を餌としています。行動は夜行性と言われており、夜間になると住居に侵入してくるでしょう。イタチが侵入してくると騒音や異臭だけでなくダニやノミ、糞や尿による衛生面の問題も関わってくるため、早急な捕獲が必要です。ペットを飼っている方は、ペットが怪我をする恐れもありますので注意をしましょう。

イタチが住み着くと屋根裏から尿と糞が混ざった臭いがすると言われています。ペットを飼っていると気付きにくいと思われがちですが、明らかに臭いが違うためすぐに分かります。異臭がするとイタチがいる確立が高い上、巣まで作られてしまう恐れもあるのです。専門業者なら金属製のカゴや粘着剤を利用して捕獲を行ないます。場合によっては忌避材を利用することもありますが、保護が義務付けられている場合は利用することが出来ません。殺傷することは不可能なため、そのような場合は捕獲をして引き渡す方法が取られます。

捕獲をするだけなら薬剤を利用することがないため、アレルギー体質のある方や小さなお子様がいる方も安心です。調査をしてもらう段階で相談をしてみるのも良いでしょう。それぞれの家庭にマッチしたイタチ捕獲方法を考えてくれます。その他にも気になることなどを聞くことで適切な対応をしてもらえるでしょう。